Skip to main content
次回サンデーサービス

平等寺本尊
薬師瑠璃光王如来

今から1200年ほど前、弘法大師空海がこの地を訪れ禅定(瞑想)に入られたところ、一人の仏さまを観作かんざく(心の中に仏の姿を想い描くこと)なされました。

お大師さまはその仏を想いながら次のような御誓願を立てられます。

"あらゆる人々の心と身体の病を平等に癒し去る"

— 空海、814年

そして自ら木に彫刻なされたのが、平等寺本尊であります薬師瑠璃光王如来(薬師如来)さまです。

本尊

それから600年ほど経ち、初代のお姿を引き継ぎながら檜の寄木造・堅地・漆箔仕上げの尊像として造り直されたのが現存する坐像。日光菩薩・月光菩薩・十二神将などに守護されながら、今この時、皆さまの眼前にお座りになっておられます。

左手に持つ薬壷(青銅製)は初代のそれを受け継いでおり、お大師さまがお彫りになられた当時の姿を留めております。

お参りの際には、ぜひ大師直伝の薬壷から山門まで繋がる五色の御手綱を手に取っていただき、お薬師さまの名号或いは御真言をお唱えください。

合 掌

名号
南無薬師瑠璃光王如来
真言
おん ころころ せんだりまとうぎ そわか

詳細な解説

瑠璃光浄土の教主、薬師瑠璃光王如来

平等寺の本尊薬師如来さまは、薬師瑠璃光王如来やくしるりこうおうにょらい(Bhaiṣajyaguruvaiḍūryaprabhārāja)といいます。東方にある瑠璃光るりこう(vaiḍūryaprabhā)という名前の浄土の教主です。

浄土というと阿弥陀如来の極楽浄土が有名ですが、実際には如来の数だけ浄土は存在します。むしろ浄土を持っていなければ如来ではありません。

その中でも薬師如来の浄土は東の方角にあり、日が昇る場所であるため日本人にはなじみやすかったのか、古来より多くのお寺で薬師如来がお祀りされてきました。例えば創建時の国分寺の御本尊は全て薬師如来さまです。

現世利益を祈る如来

日が昇る場所は復活や再生を表し、その名の通り人々の病を癒やす働きがあることから、薬師如来さまは病気平癒や寿命延長をはじめとする現世利益を祈る仏として信仰されてきました。

平等寺の御本尊さまは特に足腰の病や眼病に霊験あらたかで、精神的な病に対しても症状を緩和させたという記録が残っています。 近年ではガン封じや厄滅開運をお祈りされる方も多くあります。

四国八十八ヶ所のうち、最も東に位置する薬師如来

平等寺の薬師如来さまは、弘法大師空海がお開きになられた四国八十八ヶ所中、最も東に位置するお薬師さまです。そのため、四国霊場の中でも復活・再生の力がとりわけて強い、現世利益随一のお薬師さまです。

本堂に奉納されている三台の箱車(かつての車イスのようなもの)は、実際にお薬師さまから御利益を頂いて、足腰の病が癒えた人々がいたことを証明しています。箱車についてはこちらのページに詳しく解説しています。


脇侍

「脇侍」は「きょうじ」とも「わきじ」とも読み、本尊の周辺にいる菩薩や天、夜叉などのことです。

薬師如来の脇侍として有名なのは「日光菩薩」と「月光菩薩」。それぞれ太陽と月を表します。 日中に働く日光菩薩と夜間に動く月光菩薩は、交代制で薬師如来の救済活動を助けています。

「十二神将」という「阿修羅」たちも有名です。彼らは十二支の現れでもあり、寅の刻や丑の刻など、それぞれ2時間ごとが担当の警備員のような役割を担っています。また12名の将軍の下にはそれぞれ7,000の「阿修羅」が従っており、合計すると84,000の阿修羅軍。84,000は古代のインドでは無限に多いことを表す数字として知られ、無数の存在が本尊薬師如来を守り、またその働きを助けています。


御真言

薬師如来さま及び脇侍の御真言は以下の通りです。

対象真言の通称真言
薬師如来 コロコロ咒 おん ころころ せんだりまとうぎ そわか
薬師如来 小咒 おん ばいせいぜい ばいせいぜい ばいせいじゃ さんぼりぎゃてい そわか
薬師如来 大咒 のうぼう ばぎゃばてい ばいせいじゃ くろ ばいちょりや はらばあらんじゃや たたぎゃたや あらかてい さんみゃくさんぼだや たにゃた おん ばいせいぜい ばいせいぜい ばいせいじゃ さんぼりぎゃてい そわか
日光菩薩 真言 おん ろぼにゅた そわか
月光菩薩 真言 おん せんだらはらばや そわか
十二神将 真言 おん くびら そわか