再興第三回
平等寺本尊初会式

仮面初会式

平成31年1月27日 09:30〜16:00

平成31年の平等寺本尊初会式は、「仮面初会式」です。皆さん仮装してお参りください。

お稚児さん募集中

現在、稚児行列に参加くださるお稚児さんを募集中です。お子さまの無事成長、身心安穏、厄滅開運をお祈りしませんか。

詳細を見る

マルシェ出店者募集中

あらたの・はくすいマルシェに出店してくださる皆さまを募集中です。限定40店舗。お早めにお申し込みください。

詳細を見る

本尊初会式とは

本尊初会式(ほんぞん はつえしき)とは、新年最初に行う本尊さまのご縁日の法会です。 主に徳島県の真言宗寺院で行われるもので(他の地域では別の名称で呼ばれていると存じます)、境内には出店が立ち並んだり大規模な法会が行われたりと大変賑わいます。夏には夏会式(なつえしき)もあります。

平等寺でも昭和半ば頃までは毎年開催しておりましたが、途中途絶えまして、平成28年に再興されました。 平成31年は「再興第三回本尊初会式」として1月27日(日曜日)に行います(平成30年は開催を見送られています)。

中心となる儀式は午前十時から行う護摩祈祷付の「理趣三昧法会(りしゅざんまいほうえ)」。参拝者の皆さまの一年間の健康祈願や厄滅開運を祈ります。その他、法会前に行う稚児行列正午と午後四時の大餅投げなども見所です。

また、平成31年の初会式は新たな企画「仮面初会式(かめんはつえしき)」と題しまして、境内全域が仮装した人々で埋め尽くされます。同時開催の「あらたの・はくすいマルシェ」は仮装していないと出店も買い物もできない「仮装マルシェ」ですので、全体として仏教風ハロウィーンのようなイベントになると存じます。

仮装の意義は仏教的なものですが、難しいことは置いといて、皆さま揃って衣装を準備して、当日は楽しくお参りください。


基本コンセプト

人は誰でも
自分という仮面をかぶって生きている

寺にいるときくらい
もっと自由でいいじゃないか


開催概要

イベント名

日時

  • 平成31年(2019)1月27日
  • 曜日:日曜日
  • 開始:午前9時30分(稚児行列スタート)
  • 終了:午後4時(餅投げ終了次第)

場所

  • 会場:四国霊場第二十二番札所平等寺境内
  • 第一駐車場:新野小学校グラウンド(予定)
  • 第二駐車場:(未定)

開催主体

  • 主催:平等寺本尊初会式実行委員会

参加費



仮装の例

仮装してお参りください

どんな格好でも構いません

本格的なものでなくても、耳の付いた帽子やマスクなどでも構いません。お遍路さんの装束やお稚児さんの衣装も仮装なので大丈夫です。

服装チェックなどは行いません。普段着でお越しくださっても構いませんが、逆に目立つ可能性があります。

仮装の意義

仏教は「自分とは何か」を考え続けた結果生まれた教えです。

仏教の開祖であるお釈迦さまは、それは「無我」であると結論しました。どこまで「自分」を探し続けても、どこにも「自分」は見つからない。どんなものも、それそのものとして存在しているのではない。他との関係性の中で、生まれては消えを繰り返しているだけだと考えるようになりました。

私たちが普段「自分」だと思っているものは、仏教的にいえば「我執(がしゅう、自分というとらわれ)」であり、単なる思い込み、幻想のようなものにすぎません。それゆえ、坐禅や瞑想ではひたすら坐ってそれを取り除こうとします。

ただ、なんでもそうですが根本から取り除くのは難しいものです。例えば嫌なニオイがする場合、元を絶つには原因を探す必要があります。部屋のニオイであれば何とかなりますが、体臭となると難しいですね。

一方、取り除くのではなく、上から別の香りで一時的に隠してしまうのは簡単です。仏教で多用するお香。これは、インドのような蒸し暑い地域では、体臭やカビの臭いの対策にお香が大変有効であったからです。西洋で発展した香水の文化にも似たような由来があります。

同じ要領で、坐禅や瞑想で「我執」を取り除くのは難しい。しかし上から仮面を被ってしまえば、普段の「自分」から離れることは簡単。

新年のお祭りの日くらいは「自分」という「謎のもの」から離れて心置きなく楽しんでもらいたい。こんな思いから生まれたのが「仮面初会式」並びに「仮装マルシェ」です。

自分も他人もない世界の中でじっくり楽しんだあと、日常に戻っては新たな気持ちで生活してもらえれば幸いです。

なお、新年にお寺や神社にいって行う「厄落とし」「厄払い」「厄除け」。これらも大事ですが、そもそも「厄」とは「我執」によって生み出されるものですので、仮面を被り、仮装してひたすら楽しむという行為は、自分でできる「厄落とし」です。

どなたさまも、仮装してお参りください。


タイムスケジュール

稚児行列(仮装行列)

09:30 出発 新野小学校出発

例年通り稚児行列を行います。今回は保護者の方もぜひ仮装してきてください。20分程かけて、新野町内から平等寺まで練り歩きます。

お稚児さんお申し込み

厄滅開運 護摩法会

10:00 本堂

護摩祈祷付の法会を行います。どなたさまも新年の身体健全と厄滅開運をお祈りください。特に願いごとがある方は、事前にお申込み頂きますと専用のお札を作り、この法会にて祈願した後、授与いたします。

護摩申し込み

あらたの・はくすいマルシェ

10:00 - 16:00 境内

境内全域でマルシェを開催いたします。お店の方もお買い物する方も、ぜひ仮装してお越しください。40店舗ほど並ぶ予定です。

マルシェ出店申し込み

大餅投げ

12:00 大師堂横

前日に二石ほどお餅をつきまして投げします。皆様新年の運を拾っていってください。

なお、餅を投げたい人は当日「ミニオン」の仮装をしてきてくださると、舞台の上にご案内いたします。

仮装コンテスト

13:00 大師堂横

仮面初会式並びに仮装マルシェにお越しの皆さまが主役の仮装コンテストを行います。

当日午前にエントリーした方がそれぞれ30秒の持ち時間内に衣装の説明と何らかのアクションを行って頂き、数名の審査員が採点するという格好で優勝者を決定します。一位の方には500年経っても残るであろう記念品をプレゼント。参加者全員に記念品が。参加費一人500円。

平等寺寄席

13:00 方丈内

あらたの寄席でいつも新野町に笑いをもたらしてくださっている桂七福さん。今回は落語に加え、高野山大学森崎雅好助教の講演があります。

入場料お一人1,000円です。

五色綱引き大会

14:30 大師堂横

再興第一回より好評の「五色綱引き大会」。

二対二で五色の麻綱を引き合い、トーナメント形式で勝ち進んだ組が優勝です。成人男性、成人女性、小学生の部、60歳以上の四部制ですので、力自慢の方ぜひエントリーください。参加無料。優勝者は任期一年の「平等寺金剛力士」として住職から任命状が手渡され、仁王門の二階に上がって記念撮影することが可能。

空海の生涯

15:00 方丈内

弘法大師空海の生涯を歌(和讃)と絵巻物(プロジェクターで投影)でたどる30分。

これを見れば真言宗、四国霊場の開基、高祖弘法大師空海に関する基礎知識が揃います。参加費は500円です。

大餅投げ2

16:00 大師堂横

平成最後の餅投げです。皆様新年の運を拾っていってください。

マルシェはこの時間で閉店いたします。