Skip to main content

サンデーサービスをはじめるにあたって

次回サンデーサービス

平等寺サンデーサービスを
始めるにあたって

平成31年1月13日、平等寺ではサンデーサービス(Sunday Service、日曜礼拝)をはじめることになりました。

サンデーサービスは、アメリカの日系寺院で広く行われている行事です。

戦前、多くの日本人が北米や南米、ハワイなどに移住しました。そこで生活していく中で、彼ら彼女らは自分たちの信仰を保ち続けるべく各地に神社や寺院を建立していきます。

最初は、大きなお家に集まって、お大師さまの掛け軸に向かってお勤めする。こういう状態だったようです。そこから段々と発展し、高野山真言宗だけに限れば、1902年、ハワイのマウイ島にラハイナ法光寺という寺院が開かれました。高野山真言宗開教の地です。 続けて多くの寺院が建立され、特に1912年に開創されたロサンゼルス米国別院は、 今も高野山海外布教の中心地です。

それらの寺院において、毎週に欠かすことなく行われているのが日曜礼拝。

日曜日になると、お寺のメンバー(日本における檀家)が料理を持ち寄り、午前中に僧侶と共にお勤めを行います。 正午が過ぎると、みんなでご飯を分け合って楽しくランチをとります。 こうしてメンバー同士の親睦を深め、また興味を持ってやってきた人を温かく迎え入れてきました。 ふらっとやってきた一見さんや、先週までキリスト教の教会で祈っていた人などが来てもねんごろにもてなして、 一緒にご飯を食べることで仏教に触れる人を増やす、お大師さまの教えに触れる人を増やす。そういう行事です。

これはキリスト教の日曜毎の礼拝が参考になっていることは間違いありませんが、日系人たちはその良いところを吸収し、 仏教の教えの本質は変えることなく、教えの入り口を日曜礼拝という形でアメリカの地に土着化させました。 ちょうど、日本においても仏教の伝来以降、神と仏が一体となった神仏習合の教えが誕生したことと似ています。


さて、平等寺は四国八十八ヶ所の1つであり、四国遍路は宗旨宗派に関係なく誰でも平等に受け入れます。お接待の文化も有しています。 この日曜礼拝の取り組みと遍路文化は非常に親和性があると思いまして、平等寺においても平成31年1月から「平等寺サンデーサービス」を始めることになりました。

具体的には、平等寺の檀家さまや平等講という団体が中心となって食事を持ち寄り、近所のご家族や熱心な信者さん、そして偶然やってきた遍路さんなどと一緒に読経して、お接待のご飯を食べます。

一品持ち寄っても、持ち寄らなくてもいいし、誰が参加しても構いません。特に、子育て世代の方は手ぶらでお越しください。お遍路さんにもお接待します。

平等寺という名の通り、宗旨宗派関係なく、どなたでもお気軽に参加出来る行事です。ぜひ一度お立ち寄りください。 始めたばかりの取り組みですので、現在は月一開催となっておりますが、これが今後定着し、四国遍路の地に相応しい行事へと深化していってくれることを期待しています。

合 掌

白水山平等寺
住職 谷口 真梁